相続トータルサポートについて

大阪家族信託支援センターを運営する当事務所では家族信託だけではなく、相続に関する様々な問題をサポートしています。

家族信託以外の提供サービスとして
具体的に、以下にお困りごとを支援させて頂きます。

認知症になった親の財産を管理したい

例えば

認知症などによって判断能力が衰えた結果、以下のようなお困りごとはないでしょうか?

  • 親の定期を解約できない。。
  • 親が受取人の保険金を受け取れない。。
  • 親名義の不動産を売却したい。。

対応策;法定後見制度の申立

このような場合は、その判断能力の衰えた方に対して、成年後見制度を利用しなければ原則として、本人の財産を動かすことはできません。
既に判断能力が衰えた方、判断能力が無い方を法的に支援する制度を“法定後見”といいます。

後見制度を開始するには、家庭裁判所に対して、制度利用の申立を行わないといけません。
この書類の準備提出は、親族の方でも用意が可能です。

ですがケースによっては“なかなか”大変な作業となる場合があります。
当事務所では、成年後見制度の開始のお手伝いをさせて頂きます。

手続の流れや報酬費用については以下のページからご参照ください

成年後見とは

もしものとき自分の医療や介護に関する契約を誰かにお願いしたい

例えば

以下のようなお困りごとはないでしょうか?

今はまだ認知症には掛かっていないが、将来、施設入所する際に、手続をお願いできる人がいないので困っている。。
若しくは予め、特定の人物にお願いしておきたい。

また、お願いするなら、「こんな施設に入りたい・・」などの希望がある。

対応策;任意後見契約の締結

上記のような希望がある場合、任意後見契約を締結して、将来に備えることが可能です。

任意後見契約とは、本人が判断能力がある間に、その判断能力が不十分になった時に備えて、後見事務の内容と後見人を予め決めておく制度です。

法定後見制度は、申立をしても誰が後見人となるかが約束されていないので制度開始に不安を感じる方が多くいらっしゃいます。
しかし任意後見制度は、上記の通り、予め契約によって特定の方を、自分の後見人となる人として決めておく制度なので、契約書の当事者が後見人となり本人を支援することになります。

当事務所では、任意後見契約のお手伝いをさせて頂きます。
なお、任意後見制度の詳しい説明は、以下のページからご参照ください。

遺言書を残しておきたい

例えば

  • 遺言書だけでも自分の老い支度は十分だと感じる場合
  • 家族信託も良いが、自分の財産を託す人も身近にいない。。
  • 家族信託だけではなく、遺言書でも自分の想いを残しておきたい

対応策;公正証書遺言の作成

遺言書といっても大きく2つの制度に分かります。
1つが自筆証書遺言、もう1つが公正証書遺言です。

どちらも法的効力は代わりませんが、公正証書で作成することを当事務所ではお薦めしています。

公正証書は、法律のプロである公証人が、事前に契約書の法令違反がないかどうかを確認します。つまり、遺言の内容が裁判で否認されたり、無効とされる可能性はほとんどありません。
また、作成された公正証書の原本は、公証役場で厳重に20年間保管されますので、偽造等の恐れもなく安心だからです。

当事務所では、遺言書の作成サービスにも対応しています。
詳しくは以下のページをご参照下さい。

遺言書

死亡後の財産の管理・承継手続をお願いしたい

例えば

以下のようなことでお困りではないでしょうか?

  • 遺産の名義を変更しなければいけないが忙しい
  • 不動産の名義変更(相続登記)が大変だ。。
  • 相続人全員の印鑑を貰わないといけないが、皆バラバラな場所に住んでて大変
  • 実家と離れて住んでいるから、手続を進めるのが大変だ。。

対応策;遺産承継業務を承ります

相続財産の整理には、以下のような手続が必要です。

  • 戸籍調査
  • 各種相続手続に必要な書類の収集
  • 遺産分割協議書の作成
  • 不動産の名義変更
  • 預貯金の相続手続

これらの手続は、専門家に依頼せずとも、相続人である親族で行うことは、もちろん可能です。
ただ、「相続手続に掛ける時間がない」、「相続人全員の書類を取りまとめるのが大変だ。。」このような事情がある場合には、是非当事務所の遺産整理サービスをご依頼下さい。

不動産の売却をお願いしたい

例えば

不動産を相続したものの、以下のようなことでお困りではないでしょうか?

  • 実家の不動産を相続したが、空家になってしまっている
  • 毎年、固定資産税を支払うだけで勿体無い
  • そのまま放置していると火事などが起こったとき心配だ。。
  • でも不動産の売却をするにも、現地と距離が離れていて手続が大変。。
  • また信頼できる不動産屋さんも知らない。。

対応策;当事務所にて、不動産の売却手続代行を承ります

不動産の売却では

  • 荷物の撤去
  • 不動産屋との仲介契約
  • 現地立会
  • 売買契約
  • 残代金の決済

と、手続を踏む必要が有り、現地の不動産と遠隔地に住んでいる場合は手続に動くことはなかなか苦労します。

「相続したものの、離れていて売却手続が面倒だ。。」

当事務所では、こういった声に応えるため、不動産の売却手続代行サービスを承っています。

特に、売却をお願いする不動産屋さんによって、売買価格が数百万円の単位で変わってくることがあります。
当事務所は、不動産業界に精通しているので、出来る限り現地に詳しかったり、得意だったりする不動産会社を、依頼者様に代わって紹介、契約代行させて頂きます。

また不動産の売却に当たって、税金の問題が気になる場合でも、同じく信頼の出来る税理士をご紹介させて頂きますので、ご安心下さい。

無料相談会も開催中です、お電話で確認ください。

06-6453-0005

※完全予約制 月~金 9:00~19:00

土日祝日相談・夜間相談・当日相談

介護施設や自宅への出張相談も可能

予約フォームからのお申込み

無料相談受付中

06-6453-0005

※完全予約制 月~金 9:00~19:00

予約フォームからのお申込み

土日祝日相談・夜間相談・当日相談

介護施設や自宅への出張相談も可能

主な対応エリア・出張相談可能
当事務所までの交通アクセス

当事務所は他の専門家とのネットワークを構築しています。

  • 司法書士
  • 弁護士
  • 税理士
  • 社労士
  • 不動産会社
  • その他

ペンチョウ先生
【好きな色】青
【好きな食べ物】魚、ウィンナー、いちご
【好きなこと】困っている人の相談にのること。喜んでもらえるとうれしくなります。
【将来の夢】暑さに負けない強い身体作り。筋トレをがんばっています。