信託契約書を公正証書で作成する理由

そもそも公正証書とは

公証人法に基づき、法務大臣に任命された公証人が作成する書類のことをいいます。

ちなみに公証人は、各地方の公証役場に所属しており、元裁判官、元検察官、元法務局長など、法律実務を長く経験した人がその職についています。

公正証書で契約書を作成するメリット

信託契約書を公正証書で作成するのには理由(メリット)が大きく2つあります。

①信頼性に優れ契約成立を保証する安全性が高いこと

公正証書は、法律のプロである公証人が、事前に契約書の法令違反がないかどうかを確認します。
また作成当事者の身元については印鑑証明書、パスポートや運転免許証等などで確認します。

従って公正証書の内容が裁判で否認されたり、無効とされる可能性はほとんどありません。

②厳重な保管により偽造・変造の可能性が低いこと

作成された公正証書の原本は、公証役場で厳重に20年間保管されますから、改竄や変造の心配もありません。

また万が一、交付された正本や謄本が紛失や盗難、破損などしても、再交付を受けることが可能であり、とても安心です。

その他の関連コラムはこちら

無料相談会も開催中です、お電話で確認ください。

06-6453-0005

※完全予約制 月~金 9:00~19:00

土日祝日相談・夜間相談・当日相談

介護施設や自宅への出張相談も可能

予約フォームからのお申込み

無料相談受付中

06-6453-0005

※完全予約制 月~金 9:00~19:00

予約フォームからのお申込み

土日祝日相談・夜間相談・当日相談

介護施設や自宅への出張相談も可能

主な対応エリア・出張相談可能
当事務所までの交通アクセス

当事務所は他の専門家とのネットワークを構築しています。

  • 司法書士
  • 弁護士
  • 税理士
  • 社労士
  • 不動産会社
  • その他

ペンチョウ先生
【好きな色】青
【好きな食べ物】魚、ウィンナー、いちご
【好きなこと】困っている人の相談にのること。喜んでもらえるとうれしくなります。
【将来の夢】暑さに負けない強い身体作り。筋トレをがんばっています。